Light fishing rod 18/02/2019

P2180032

持病のへバーデン結節で指先が痛い。でもFlyfishingはしたい。

少しでも指先の負担を減らすために

ロッドCoatac 7ft #3/4

ライン#3WF #5・7.5ftのテーパー #6のティペット #16パラシュート

こんなシステムで入渓してみました。

さすがに振りは軽い。しかし、New Zealandの渓流は広くていつも風が吹いています。

この川に対しておもちゃのような仕掛け、他のフライマンに見られたら笑われそうです。

しかし、開始早々ビッグヒット!

強烈な引きでラインが出る出る!

そしてJump! 50㎝級のレインボー

しばらく綱引き、そしてまたJump!

その瞬間 突然ロッドが軽くなりラインが風に吹かれて宙に舞っていました。

新調した#6のティペットですが、Big Rainbow には耐えきれませんでした。

テーパーラインのティペット部を切り#4のティペットを延長して釣行再開。

程なくまたビッグヒット。

今度の魚は潜行タイプ、水中をグングン走ります。

ロッドのしなりがすごい!折れないようにロッドの曲がりを見ながらFight!

ジリジリとリールからラインが伸びていきます。

自分も走ってラインを詰めたり、また伸ばされたりドキドキワクワクの楽しい時間。

魚は突然向きを変え下流の方へ、自分も後を追って下流へ走ります。

おっと!ここで転倒!ウエイダ―に水がどっぷり入ってきた。

魚は?まだついている。

腕が疲れてきている、魚の方も疲れて殆ど流されている状態。

でも、寄せることができない。何とか魚の下流に回り込みネットイン。

丁度50㎝のレインボー 渓の恵、Keepさせていただきました。

いったん車に戻り魚をクーラーボックスに入れ

ロッドを#7に変えて再び渓へ

P2180034

駐車場のすぐ近くでこんなの釣れました。

ティペットは#2なので少々強引にやり取り。

それでも50mは下流に走っています。

P2180037

ヒレピン50㎝のレインボー この顔付きは雄でしょうか

この川のregulationsは30cm以上で1匹だけKeepできるので、リリース。

2匹持って帰っても食べきれません。

P2180040

チャラ瀬でピックアップ寸前のフライに飛び付いたブラウン

小さい割によく引き、楽しめました。小さいといっても29cm立派なサイズです。

P2180042

24㎝のブラウン 

大きいのとメダカみたいなトラウトがたくさんいるので、このサイズの魚がもっとヒットしてもいいと思うのですが、魚の反応は少ないです。

P2180046

渓でいただくビール・ラーメンが美味しい。

P2180047

渓には羊の群れも

P2180050

持ち帰った魚はフライパンでバター焼き

天然のニジマスは脂肪が少ないのでバターとの相性が良く美味しくなります。

久しぶりのJAM勝 1月19日

P1190089

三年ぶりだろうか?JAMにやってまいりました。

土曜日混んでるかな?と思いましたがリフト待ちなしでした。

実家に置いてあるモーグル用の板も久し振り。

整地をハイスピードで滑ると安定感無くて怖いです。

しかし、コブ斜では本領発揮

良く回りズレのコントロールがしやすいです。

柔らかい雪のモーグルバーン、気持ちよく滑れてJAMを満喫しました。

Auckland空港 1月14日

P1030339

日本に向かって長旅の途中

至福の雄叫び‼ 1月7日

P1070140

年明け1・2日と釣行。50cm前後のトラウトを6回ヒットさせたもののすべてラインブレイク。

#5のロッド・ライン。 4Xのリーダー・ティペット5X

しかも数年前から使っているティペット。経年劣化で弱くなっていたかもしれない。

新しく#7のロッド&リール。#7WFのフライライン・2Xのリーダー・3Xのティペットを購入。

大物対策万全で川に入ります。

魚の反応は少ない。数少ない反応の中からニジマス20cm 1匹 ブラウン24cm 1匹。

P1070134

P1070136

釣行開始から6時間

ついに大ヒット

強烈な引きに翻弄され、足場の悪い渓流を引きずりまわされます。

ブッシュに逃げ込みそうなトラウト!

どこまでラインが耐えてくれるか? 綱引き合戦。

ブッシュから引っ張り出したら下流に走る。

リールからラインが引っ張り出され20m程下へ

ゆっくり私も下流に移動、間合いを詰めたがまだまだ元気が良い。

何度か空気を吸わせたら、やっとおとなしくなったが引っ張っても全然寄ってこない。

そっと尾びれの方からネットを入れて大物GET

Uoooo~~~~~!と至福の雄叫びをあげている自分がいる。

P1070138

雨 01December

Pc020016

Lunch time の仕事が終わり後はOff

お昼は天気が良かったのに仕事が終わるころには雲行が怪しく変わりつつあったが、

最近雨続きのChristchurch 走れる日が無いので天気が持つことを祈って出発。

しかし、坂の途中から雨。

本降りになる前に帰らなければ!

峠の茶屋茶屋まで27分

Pc020017

下りは冷えないようにサドルバックに忍ばせたレインジャケットを着用。

通気性が無いので蒸れますが短時間の使用なら快適です。

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ