« お化けフライ | メイン | 日曜大工 »

ミヤマクワガタ

20080210_006

昨年7月子供たちとカブト、クワガタ捕りに行った時に見つけたミヤマクワガタ。

ずいぶん長生きしてくれましたが、2月20日に動かなくなってしまいました。

オオクワガタと違って夏が終ると死んでしまうミヤマクワガタ。

11月ぐらいまでは生きている個体も多いらしいが、ごく稀に越冬する個体もいるそうです。

夏が近づいたら活発に動いてくれることを期待していたのに残念です。

カブトムシの幼虫60匹ほどは今の所順調です。

このクワガタの子供かどうかは分かりませんが、数匹は生存が確認できました。

また、コクワの成虫も無事越冬してくれれば3年目となります。

夏の来るのが楽しみです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/229655/11889394

ミヤマクワガタを参照しているブログ:

コメント

知らなかった。。。こんなに長生きする事を(;一_一)
夏が終わると無理だと思ってました・・・。
残念ですが、オレンジモグラさん一家の下で幸せだったと思います。
それにしても、立派なクワガタですねぇ~。

始めまして^^こんばん♪ランランです

立派なミヤマですね、標本にしないのですか?

私はお気に入りはすべて標本用に置いてます。
エタノールに漬けておいたら何年でも持ちますよ^^

トモサンへ
一昨年のミヤマも長生きで10月下旬まで生きていましたよ。
普通クワガタやカブトは日中は土の中に隠れているのですが、ミヤマはあまり地中にもぐらず いつも楽しませてくれるので大好きです。

ランランさん
前のミヤマは乾燥標本にしたのですが分解しちゃいました。
今回のも標本にしたいのですが、もう少し暖かくなったら動き出すような気がして なかなかできません。 虫食い状態になる前に標本にします。
エタノール浸けも試してみたいです。

私も、カブトムシやクワガタは全て、地中か枯れ木の中などで越冬するものだと思ってました。何年もかけて大きくなったのに、一夏で寿命がなくなってしまうんですね。

FUDOUさんへ
あまり詳しくは知りませんがオオクワガタは7~8年、それ以上生きるのもいるそうです。
コクワガタは今は土の中で冬眠中だと思います。
冬眠中はあまり土を掘り返したりしない方がよいそうなので 確認はできませんが、5月頃には上に出てくると思います。

検索して辿りつきました。エタノール浸けについて何方かわかれば教えてください。昨日亡くなった息子の可愛がっていたクワガタをエタノール浸けにして保存しておきたいと思うのですが、何%のエタノールに?液量はどのくらいあればいいのでしょうか?浸けておけば、半永久的に大丈夫なのでしょうか?よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ