« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

田んぼでスキー

平野部でもかなり雪が積もり
除雪車の残した雪山から田んぼに向けて、絶妙のスロープ。

スキー板で踏み固めて即席プライベートゲレンデです。

とっても、楽しそうな次男坊、滑れて誇らしげな顔。

自分が幼少の頃を思い出す。

冬はいつも一人でスキーを履いて遊んでいた。

親父の造ってくれた小さな山を登っては滑り登ったは滑り。

暗くなっても黙々と滑っていた。

ゲレンデまで行かなくても雪が豊富にあった時代である。

多すぎる雪はとっても困るけど、屋根雪を下ろさなくても良い程度の雪は丁度良い。

56豪雪の時は隔日で屋根雪下ろし。バイト先のデパートの屋上の雪下ろしにもかり出された。

牛乳配達をしていたが、徒歩で10キロほど歩いて配達したことも。

ところで雪は融ければなくなるが、

桜島などの火山灰は無くならない。

コンクリートと同じで雨で濡れると乾いた時、固まってしまうそうです。

側溝にこびりついたり窓枠にセメントのように塊として残るそうです。

除去するのがとっても大変らしいです。

雪は大変だけど楽しむこともできる。

こんなこと言えるのも雪の少ない平野部だからでしょうか。

快適スキー

Img_2826

先日HEADのヘルメット&SWANSのゴーグルを購入。

ずっと以前から欲しかったのだが
ヘルメットとゴーグルのマッチングそしてメガネが使用可能。
この3点をクリアするものがなかなか見つからなかったのである。

ヘルメットを被ってゴーグルを装着すると
ゴーグル上部とヘルメットがあたる為、下に下がり鼻を圧迫してしまう。

特に眼鏡使用可のゴーグルは大きいので、
完全に鼻を塞いでしまい呼吸困難になってしまう。

今回やっと自分にマッチする、ヘルメットとゴーグルが手に入り、スキー行きが楽しみ。
そして、このヘルメットにはバイザーが付いている。
雪に日にはゴーグルに雪が積もり通気が悪くなるので、メガネが曇って、見えなくなることがよくある。そんな、不満を解消してくれそうである。

そして、ゴーグルには換気ファンが付いている。
モーグルすると一気に汗をかいてメガネは真っ白、視界は濃霧状態。
こんな、不満も解消してくれそうである。

1月19日
雪&霧のスキーJAMでこの二つの道具は威力ほ発揮してくれました。
モーグルコースは封鎖中だったので新雪パフパフのエキスパートコースを
楽しみました。

汗かいて曇り始めてもファンを回すと30秒ほどで曇り解消。
視界良好!   
ファンの回転音が少しうるさい様な気もするが、この快適さには替えられない。

以前なら手袋外してゴーグル外してメガネ拭いて、
そしてまた着けて手袋はめてるうちに、また曇ってしまう。
少し滑ると曇りは消えてくるが、視界の悪い状態のまま滑ると三半規管が悲鳴を上げて車酔い状態。
最終的にロッジで休憩。そこで根が生えてしまう。
なので、ここ十年ぐらいは晴れの日しかスキーに行かないことにしていたのである。

この日の夜は雁が原でナイタースキー。
子供にスキーを教えて欲しいと、ママトモからの頼みで 小5の男の子を預かる。

今日が始めてなので一緒に歩いたり坂を登ったり。
メガネが曇る要素たっぷりだったが、換気ファンの威力は絶大。
天気を選ばぬ小道具達に感謝である。

Img_2829

そして、みつわで買った

「  足を冷やさない魔法のくつ下  」

しもやけで悩む妻のために買ったのだが、ついでに自分にも一足。

足先が冷たいと感じたことが無いのでこの手の商品には興味が無かったのだが、

履いてみたら実に暖かい。

スキー靴の中がポカポカ!  それでもって蒸せるといった感じは全く無く、さらさら。

とってもGood!です。

そして、この日の天候だと寒くてトレーナーを着に車に戻るのだが、

体全体が暖かく感じられ、とっても快適!

靴下に992円は高い気もするが、この快適さを買ったと思ったらとっても良い買い物だったと思う。

初滑り

Photo

年末年始とPCの前に座る時間も無く、過ごしてしまった。

遅まきながら

「 新年  おめでとう  ございます  」

1月11日今シーズン初滑り。

午前中は天気が良いのに、家でゴロゴロ時間を無駄にしてしまった。

1時半、幼保園に次男を迎えに行きそれから雁が原に直行。

前々からイメージトレーニングはさせていたのだが、

ハの字は忘れてニの字スタンスでチョッカリ!

ブレーキの無い自転車状態。停止は転倒するしか方法が無い状態。

10 mぐらいで転ぶだろうと思ったら、20、30mどんどん滑る。

本人は楽しんでいるが、こっちはドキドキである。

とりあえず滑れそうなのでリフト乗車。

後ろから紐でつないでゆっくり滑り降りました。

4時過ぎに長男(4年)が妻とゲレンデに到着。

選手交代である。

兄貴の方はとっても慎重派。プルークボーゲンで安全走行。

今シーズンはニノ字で斜滑降とシュテムターンのマスターです。

オイラは内足に乗る感覚とターン前半からのスピードコントロールをマスターして

1級チャレンジです。

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

フライフィッシング

  • タイイングツールのセット
  • ミッジサイズを撒くのに使ってます。
  • クラウンロータリーバイス ( このバイスを使っています。24番フックまで難なく巻くことができました。 )
  • ティペット / 水面直下のステージを攻略
  • ティペット / ドライフライの釣りに
  • リーダー / 巻き癖が取れ易い

ようこそOrange-Cafeへ

落語絵本・川端誠

お気に入りCD

Fly Fishing

  • FlyRodders

更新ブログ