« 2018年8月 | メイン | 2018年10月 »

There are lots of motorbikes at the Cathedral Square. 30September

P9300059

Cashmerehill からの帰り、大聖堂の広場にたくさんのオートバイが集結していました。

ビンテージな雰囲気のバイク、私の憧れのバイクがいっぱい。

P9300062

ここはトライアンフの集まり。

奥に見えるのはこのバイクのオーナーかな?

みんな頭がかなり薄くなっている、俺も仲間に入れるかもしれない。

私は日本では中型免許ですが、こちらの免許では排気量による区分が無いので大型も乗れます。

P9300056

わたしは人力2シリンダーエンジンのバイクでCashmerehillまで

T34分15秒

Cashmerehill 25September

P9250089

日、月、火と三連走

本日は晴天なり‼

前半の急坂は遅かったけど後半の緩い坂は追い風に押されてペースアップ。

T34分07秒

Cashmerehill 24 September


P9240085

前日の疲れもあり快復走

ゆっくりと無理せず走ります。

坂道で筋肉に刺激を与え乳酸除去

T42分01秒

One round of Cashmerehill 23 September


P9230065

いつものようにCashmerehillまで。

天気予報が怪しく風も強めだったのでクロモリバイクで、

T37分14秒

天気が持ちそうなのでもう少し距離を伸ばそうかなと思い周回することに。

Pa100062

海の方に降りて周回です。

P9230068  

まず、ここを下ります。

距離3㎞で300mのダウンヒル。平均斜度10% 急カーブ 荒れた路面 路肩は小砂利がいっぱい。

登りはもちろん辛いが下りも辛いです。

そしてリアス式海岸のUp Down なかなか良いインターバルトレーニングになります。

海岸をはなれ7.7kmの登りで480m上がります。この区間最後の2㎞は平均10%の坂道です。

フロンド32T リア32T ギア比1.00 疲れた足には必需品になってしまいました。

T45分33秒

P9230073

Pa100067

P9230081

Dinnerはステーキを焼いてワインで至福のひととき。

New Zealand に来てから Merlot が好きになってきた。

Cashmerehill 19 September / Shining silver

P9190058

最近は黒いパーツばかりでカラーの選択の余地がなくなってしまった。

I am committed to Shining silver Chain wheel set.

峠の茶屋までT 26分48秒

Cashmerehill 17September ロードレース??

P9170054

いつものトレーニングコース脇にこんな看板

エントリーしてみようかな!

I want to participate.

P9170052

春先の気温の変化に体がついていかない。

花粉症で喉・鼻・気管にもダメージが。

T 42分

桜花乱舞  Hagley Park 16 September


P9160032
 

Cashmerehillまでいつものヒルクライム

市街地でも少し風が強かったが稜線上は更に強い風が吹き付け、

走行中は突然自転車が煽られ足元がスッーと流されてしまいます。

P9160038_1 

帰りに Hagley Park に寄り道。

やっとChristchurchにも春がきました。

P9160042 

桜花の下で宴会という姿はこちらでは殆ど見かけないようです。

NZでは公共の屋外でアルコールは禁止されています。

P9160048

P9160029 T35分08秒

Cashmerehill 9月12日 水曜日


P9120027

Cashmerehill 夕TT

T33分49秒

もしかしたら、ZUNOWクロモリバイクでの最高タイム。

しかし、下りは強烈な向かい風。

本日の記録は追い風参考タイムかな???

最近緑色のタイヤに交換してみたが、ちょっと緑が しつこい。

今度前輪だけ元に戻してみよう。

Poters 10 September

P9100011

New Zealand ski last 

今シーズンのラストスキーは好天に恵まれ最高でした。

下部はザラメ雪ですが上部は程よく締まったアイスバーン

エッジの効くアイスバーンというのが気持ちよく小回りターンが出来て大好きです。

P9100013

P9100017

3時過ぎのゲレンデは貸し切り状態。

思いっきり高速ロングターン & ジャンプ

太ももの筋肉が悲鳴を上げるが、それでもかまわず、滑る!滑る!

P9100022

駐車場ではオウムがお出迎え。

ミヤマオウム こちらではKEA(ケア) と呼ばれています。

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ