« 2019年4月 | メイン | 2019年11月 »

スポーク切れ 28/October

Pa280211

天気良好・調子良好でCashmerehillのCaffe shopまで27分18秒の好タイム

そのまま続けて50㎞コースのタイムアタック。

Pa280207

いったん海まで下りて海岸沿いのUp Down をハイペースで走り抜け

また登り。峠から細い尾根道に入るとところどころにCattle Stopがあります。

(柵から逃げた家畜をそこから先に行けないようにするTrap)

普段なら徐行か歩いて通過するのですが、力いっぱい踏みながら通ったら

”パキィ”と大きい音。

石でもはじいたか?そのまま走っているとビンビンビンとへんな共鳴音。

フレーム?ハンドル回り?etc???

アッ! 前輪スポークが一本緩んでいる? スポーク切れか?

よく見るとニップルが破損していました。

Pa280208

幸いにも振れは少ないので走行可能。残り20㎞程控えめの速度で自宅まで走り切れそうである。

途中何度か振れをチェック、少しづつ振れが大きくなってくるのがわかります。

無事帰宅、そしてすぐに予備のスポークとニップルに交換。

改めて教訓、ロードレーサーに段差や大きなギャップは禁物ですな!

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ