« Peaks hunter of port hill 18/September/2020 | メイン

Avoca river 01 Feb

P1040069

今シーズンの釣行は主にChristchurch市内から車で一時間半、そして歩いて2時間ほどの山奥まで来ています。

車で入れる釣り場は魚が擦れていてなかなか釣れないので、アクセスの悪い山奥まで来て純真無垢なトラウトたちに相手してもらっています。

ビッグトラウトがドライフライに飛びつく瞬間は最高にエキサイティング。

強烈な引き、トルク感が半端ない!

大JUMP!! バレるなよ! 走る走る! ロッドとラインが一直線、ラインが切れないようにラインを送り出す。

リールファイト‼ ジャーとリールが回りラインが伸びる。ブッシュ下に逃げ込みそうな巨鱒。

強引にブッシュから引っ張り出すも、まだまだ走る。

このエキサイティングでスリリングな瞬間を与えてくれたレインボートラウトに感謝。

サイズを測ろうとしたら私のフック以外にもう一本フックがこちらも外してリリース。

55センチありました。

ドライフライ至上主義になりそうです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/229655/34224979

Avoca river 01 Febを参照しているブログ:

コメント

真夏のNZ バス釣りが楽しそうですね。55センチとは凄いですね。
1/🤛🏼🏒福井市の大雪は
どうぞコロナ感染に十分気をつけてくださいね。

ひかりさんへ
バスではなくレインボートラウトです。
New Zealandの淡水釣りはトラウトかサーモンが殆どです。
おそらくバスはいないと思います。
コロナに関しては、ここ南島は全く心配ないようです。
厳しい入国制限でコロナの侵入を阻止しているようです。(100%では無いですが)
しかし海外からの物流も数か月遅れ、観光産業を筆頭に経済が回っていないのでコロナより経済の方が心配です。

コメントを投稿

竹田川Flyfishing
青大将の食事
スカイダイビング
aboca home
たけくらべ
スイレン開花
フォトアルバム

amazon

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ