« 2022年1月 | メイン | 2022年3月 »

美鱒 28 Feb 2022

P1050740

2月28日

今シーズン雨が多いのか?渇水になることがあまりない。

川を下って巨鱒の多くいる所まで行きたいがv字谷のところで流れが速すぎて先に進めない。

高巻きするにはあまりに高すぎる山。そしてハリエニシダがびっしり行く手をさらに困難にしています。

単独行。無理は禁物!

大物に出逢える確率は低くなるが上流に向かいます。

とにかく魚を釣って楽しもうと5Xまでティペットを細くして16番のドライフライを結ぶ。

時折ちびますがアタックしてきます。

ティペットを細くすれば釣れそうな感じですが、もし50㎝オーバーがかかったら一瞬で切られてしまいます。

P105072720㎝

P105073524㎝

P105074515㎝程

P105074818㎝程

他にもナチュラルリリース数匹

そして一回だけ巨鱒がフライを咥えようとしたのですが、フライが吸い込まれると同時にラインにフライが引っ張られフライが逃げてしまいました。

再びチャレンジしたものの二度目はなかったです。

月曜日の釣行は日曜日のプレッシャーが影響しているのか二度目が期待できないことが多いような気がします。

わたくし個人的にビックレインボーを美しいと思ったことが殆ど無いです。

もちろんビッグサイズがヒットした時の興奮は最高!
釣りあげたときの達成感も最高!

でも、黒いドットが散りばめられた模様がちょっと苦手なんです。
オスの厳めしい顔つきも、かっこいいのとグロいのと紙一重でグロさが勝ってしまいます。
巨鱒さん いつも楽しませてもらっているのにごめんなさい。

20㎝前後の幼魚班の残る鱒がとても綺麗だと感じます。

その綺麗さも水から上げちゃうと色あせて見えるので、できるだけ水につけてデジタルキープ。

あと一匹釣ったら帰ろうかと思いロッドを振っていたら何か引っかかっているような、
二三回振ったら外れたのですが5㎝に満たない鱒が足元で跳ねていました。
釣れたとは知らずに空中を振り回してしまいました。
完全なる虐待。
元気に渓に戻っていきましたが、大丈夫かな!

帰り道途中にある湖をのぞいてみるとボイル状態!

P1050754

P1050753

数投でおちびちゃんGet!

しかし、この後反応はあるもののフッキングなし

思わせぶりで釣れない湖のライズ。

フライはつつくのだからラインを細くすれば釣れるかな?

しかし6Xまでしか売っていないNew Zealand

タイイングに使うモノスレッドでも使ってみようかな。

次回の楽しみです。

NZの小物釣り師 7 Feb 2022

P1050646

P1050645

連日雨続き
大きい川は遡行困難

まずは湖から

回遊している大物狙いですが、魚がいない。

しかし小魚のライズ多数!

太陽光の加減か?時々集中ライズ。夕まずめのボイルを見ているようです。

しかし、毛鉤への反応は渋い。

3時間ほど粘って5㎝程のニジマス一匹。

いつ毛ばりを喰ったのかもわからずピックアップしたらついていました。

レジャーボートや岸辺でデイキャンプの人たちが増えにぎやかになってきたので
車を走らせ山岳小渓流に移動。

P1050649

山岳小渓流で小物釣り。

ヒットの数は数知れず。
バーブレスなのでナチュラルリリース
20匹はデジタルキープ
撮影に手間取ると魚のダメージが多くなるので、パッと撮って即リリース。

P1050648

P1050663

P1050680

朱点がある! あまご?!

ちびブラウンです!

(俺)大きくなったらまた逢いたいね!

(魚)やなこった!フン

P1050698

P1050697

15㎝程のニジマス

このくらいあると引きが楽しめます。

#3 8’4のロッドがしなってくれます。

竹田川Flyfishing
青大将の食事
スカイダイビング
aboca home
たけくらべ
スイレン開花
フォトアルバム

amazon

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ