カテゴリ「A・走れグリーンロード・自転車」の201件の投稿 Feed

NZ bicycle road race first participation!


Pb040021
 

11月4日 New Zealandでの自転車レース初参加です。

スタート30分ほど前スタート地点に自転車が集まってきます。

意外と人が少ない100人ぐらいかな?

日本で古城グリーンロードレースに出場していた時は一つのカテゴリーで100~200人

全部で1000人ぐらい、それに応援する人等々でとても、にぎやかだったのに あまりの人気のなさに拍子抜けしてしまいました。

45484601_1949264191777736_463110360 

完走目的なので最後尾からスタート

最初は自動車の誘導でパレードラン

誘導が退避してから本格的にレースが始まります。

スピードが徐々に上がり40㎞over

突然スイッチが入ってしまったわたくし

集団の前へと進んで行きます。

しかし、時すでに遅し。中切れしている。

前が見えた時には先頭集団は100mほど前方。

間に単独の自転車が3台。もしかしたら追い付けるかも?

先頭集団を抜け出し追いかけます。風は追い風、路面の綺麗なところを選んで走ります。

時速40~50㎞ 誰か一緒に来てくれないかな?後ろに気配はない。

単独で頑張るが前方との差が縮まらないので諦めて後ろの集団に戻りました。

最初の上りのために脚力温存です。

上りに入ると集団は徐々にばらけてきます。

45359000_1949266505110838_889173111 

先頭集団もばらけていくつかの小さな集団になっているようです。

45434342_1949266741777481_269647999 

わたくしも山頂までやって来ました。

平地で欲を出したのが間違いのもと、途中で左ふくらはぎが痙攣し始めていました。

下りでストレッチしながら筋肉を回復させます。

しかし、足が冷えたのか右の太もも内側が痙攣し始めます。

平地に入ると追い付けそうな距離に一人走っている。少し頑張ってみるがまたまた痙攣。

しばらくゆっくり走っていると、坂で一緒だった二人が追い付いてきた。

しばらく3人で一緒に走ります。

途中で二人ひろって5人になったり、いや、6人かなタンデムの人もいます。

このタンデムの人と上りがやたらと弱いヘビー級の女性には後々助けられます。

(ヘビー級といってもおデブちゃんではありません、ビルダーのような体型です。)

折り返し地点を過ぎたころ、わたくしの、足は完全に終わっていました。

タンデムの人が丁度いいスピードだったので心の支えに。

海岸線いくつかのUp Downを何とかこなし最後の長い上り。

はるか前方に最初の上りで一緒だった男性がいる。

少しでも追い付きたいが無理せず32-28のギアでゆっくり走ります。時速7㎞程、もっと、軽いギアが欲しい!

無事最後の上りをこなし後は下りと平地のみ。

しかし、平坦路に出ると強風!

右から左から前方から容赦なく行く手を阻んでくる。決して後ろから押してくれることはない。

往路は50㎞近いスピードが復路は20㎞も出せない。

前車に追いつく脚もない、最後は独り旅かなと思っていたら、後続がやって来ました。

ヘビー級女性が数台引き連れてやって来ました。

ゴール間際まで数台吸収しながら先頭交代。

独りで走るより楽しい。遅くてもこれがレースの楽しみです。

最後左に曲がると300mでゴール

ここで追風、ゴールスプリントの真似事など

真っ先にスパートに入ったのがわたくし。

誰も来ないのかなと思ったら一人来てました。

ゴール手前50mぐらいでグォ~グォ~グォゴ~と鳴り響くタイヤ音

ヘビー級女性、スプリンターだったのね。

ダンシングで応戦しようと立って踏んだ瞬間右太もも完全痙攣。

それでも頑張ろうと左を踏んだ瞬間左脚痙攣。

固まったままゴールにたどり着き何とか完走出来ました。

Pb040019 

ゼッケン82 下に貼ってある銀色の模様のあるシールがセンサーRFIDです。

競技から10年程遠ざかっていたら世の中進歩していたのね。

Pb040026 

レースが終わって一杯!レース参加者にビールの無料券が付いてます。

この一杯が美味しい!

ほとんどの人が一杯飲んでから車や自転車で帰って行きます。

New Zealandでは少々の飲酒運転はOK!です。

そろそろ帰ろうかなと思ったら表彰式が始まりました。

優勝賞金$500 山岳賞$100 カテゴリー別優勝ビール etc

まったく賞とは無関係で何もないと思っていたら名前呼ばれてびっくり!

紙切れ一枚ですが完走賞いただきました。

Result 78km

50-59 Classic Men 出走22人 完走20人 わたくしはビリの20位でした。

総合 95人出走 完走89人 

             1位   02:05:19  

わたくし79位   03:12:43 

最終      89位     03:59:29 

New record achievement 17 Octorber Wednesday

Pa170105

巨大な鳩小屋と化している大聖堂。

この周囲の建物は改築が進み少しづつ良くなってきています。

広島原爆ドームは世界平和のため残していく価値があると思うのですが、

震災で壊れた建物を残しておく理由がわたくしには見いだせません。

福島のように震災に原発事故が絡んでいるのなら教訓としてその価値が見いだせるのですが。

Pa270002 いつものトレーニングコース

7.6㎞ 高低差410mのヒルクライムコース。

最初の500mが急勾配で50m以上上ります。10%over

前半のタイムが良いと後半垂れてしまうのですが、

半分過ぎても足が残っている。

Pa170103 

最後に激しくもがいて到着

T31分43秒 最高新記録

Pa170100 

今までの最高が33分20秒

Suspicious cyclist  15 Octorber Monday

Pa150098

実に怪しげなスタイルのわたくしでございます。

こんなスタイルで80km程サイクリング。

Pa260064

距離80㎞

獲得標高1000m程

海岸沿いのUp Down

走行時間4時間ほど

疲れすぎない程度の疲労感で良いトレーニングができました。

この歳(57)になって少しでも速くなろうなどと考えて無理をしてはいけません。

翌日の仕事に差し支えますし、体調をくずしたり。

でも、すこしでも速く他人よりも速くと思ってしまうのは人間の性でしょうか?

Pa150087

Pa150097

Happy Birthday 14 Octorber Sunday 57 & 5

日曜日の仕事が終わって家族団らん憩いのひととき

Pa140071

1_20181024_100

Pa140073s

Pa140074s_2 10月14日 私の57歳の誕生日です。

コロンちゃん5歳も10月生まれなので一緒に誕生会です。

ワイン&ジュースで乾杯!

..................

お昼は仕事前のサイクリング


Pa140069

風が強くて寒いです。気温11度、ちょっとだけ冬に逆戻り。

T37分07秒

ちょっぴり夏に近づいてきました 10/Octorber/Wednesday

Pa100061

Pa100058

少し気温が上がってきてサイクルウェアが薄手の夏用に変わってきました。

しかし、南半球は紫外線が強烈。肌の露出は怖いです。

私は夏でも長袖使用です。

Lyttelton-harbor. 8 Octorber Monday


Pa080040

I was cycling towards Lyttelton-harbor.

I go to Lincoln from my home.

But I will get lost again.

道に迷いはしたもののTai Tapuまで来ることができた。

ここは今度のレースの通過地点、ここからMotukararaを目指しGebbies pass Rdで山越え海岸線に出てLytteltonまで。

Pa080027

坂の途中からみえる奇岩群。怖い人面に見えるのは私だけでしょうか?

Pa080027_2

Pa080028

Pa080029

Pa080032

Motukararaからここまで18分33秒

ここからの下りがVery thrilling

粗い路面が波打つ急カーブ。

Overspeedで突っ込んだら外側の路肩に溜まった砂の近くまでラインが膨らんでしまった。

ブレーキ厳禁、bikeをイン側にねじ伏せかろうじて回避。

無理せず早めのブレーキングが必須です。

Pa080044

海岸線がまた曲者で高低差50~70mのUp Downが続きます。

平坦路は殆ど無く、下りからの急な上りで力が吸い取られてしまいます。

この時の脱力感をいかに克服するか?

下りのとき無意識に頑張ってしまう己を如何に抑えるか?かな?

Pa080035

Lytteltonの街並み。

Pa080041

Pa080036

Pa080042

今回後ろのタイヤをコンチネンタルのGP400 25Cに戻しました。

前はClearanceが少ないので23Cのままです。

空気圧は前後7.0 膝への負担は減り、ペダルが踏めなくなるほどの振動も減り平地の巡航速度は上がっているように感じました。

Last 海岸から3km 300mの登り。平均斜度10%

F32-R28でひたすらペダルを回します。

T26分05秒

............

走行距離90Km 

走行時間4時間24分

平均速度20.4㎞/h

Pa080053

休日はわたくしがDinner当番となる日が多く、New Zealand beef のステーキを焼きました。

醤油ベースの自家製和風ソースです。

ワインもNew Zealand産 こちらでは安く手に入るのでうれしいです。

日本円換算で1000円程です。

Beer gives vitality. 7 Octorber Sunday


Pa070018

Tomorrow is my holiday.

I am refilling alcohol fuel for tomorrow.

毎週月曜日が休みなので日曜日の夜はアルコール燃料を補給します。

ほとんど、毎晩、最近はお昼も補給してますが、

今日はHalf & Half で

Wine glass で飲む Beer は Fragrant and delicious!ですぞ‼

暑い夏にキンキンに冷えたAsahiスーパードライも良いが

野菜室ぐらいで冷やしたクラフトビールをワイングラスで味わうのも一興かな!

日曜日はPM3:00位から仕事なので、その前に一走り。

Pa070002

T33分22秒

日曜日は自転車の人が多いのでそれにつられてペースアップしてしまいます。

Pa070022

Cycling for recovery 3 Octorber


Pa030086

前々日の Long-distance cycling の疲れが残っていて体に全く力が入らない。

でもこんなに天気が良いのに自転車に乗らないなんて勿体ない。

ギア比の軽いZUNOWのBike でゆるりゆるりと頑張らずに坂を登ります。

スギノクランク48-32 スプロケット11-32T

最低ギア比1.00で走るのですが、ところどころ急な登りは無意識に右指が大レバーを押してしまいます。

ギア比を軽くしだしたら切りが無いような気がします。

年金をもらうようになるまではこのギアで頑張ろう。

T45分25秒

Where is Lincoln? 1 Octorber

I decided to participate in Bays Cycle Challenge.

レースのスタート&ゴール地点となるLincolnに行こうと地図を頭に詰め込んで出発。

しかし、Christchurch市街から出ることができない。

同じところをグルグル、行ったり来たりで3時間程経ってしまった。

Lincolnまで自転車で1時間ほどなのに4時間もかかってしまいました。

Lincolnからのレースコースは田舎道で間違えようが無いので安心です。

しかし、郊外の道路は高速100㎞/h規制。

馴れても抜かれるのは怖いときがあり、ハンドル持つ手が硬直して腕が疲れます。

そして、粗い舗装路面がスピードの維持を阻害します。

30m程綺麗な路面があると後ろから押されたようにスピードが上がります。

25Km→30㎞ぐらいにすっと上がります。

Pa010066_2 Rough road surface 自転車の走る路肩はもっと粗いです。

振動も激しく、膝の力が抜けてしまいペダルが踏めなくなることも。

膝に少し傷みも感じ始めました。

Pa010064

のどかなNZの風景を楽しみながら


Pa010067

坂道に入ると牛のお出迎え。牛糞臭い

Pa010078

峠の道標 最初の目的はここから海岸線に降りてLytteltonまで行く予定でしたが時間的に無理なのでここから尾根道を更に登り自宅に向かうことに。

Pa010079

標高150M→350Mの登り。

疲れ切った足にF32-R32 ギア比1.00 はとても重宝します。

本日100㎞越え NZに来てから初めてです。

There are lots of motorbikes at the Cathedral Square. 30September

P9300059

Cashmerehill からの帰り、大聖堂の広場にたくさんのオートバイが集結していました。

ビンテージな雰囲気のバイク、私の憧れのバイクがいっぱい。

P9300062

ここはトライアンフの集まり。

奥に見えるのはこのバイクのオーナーかな?

みんな頭がかなり薄くなっている、俺も仲間に入れるかもしれない。

私は日本では中型免許ですが、こちらの免許では排気量による区分が無いので大型も乗れます。

P9300056

わたしは人力2シリンダーエンジンのバイクでCashmerehillまで

T34分15秒

Cashmerehill 25September

P9250089

日、月、火と三連走

本日は晴天なり‼

前半の急坂は遅かったけど後半の緩い坂は追い風に押されてペースアップ。

T34分07秒

Cashmerehill 24 September


P9240085

前日の疲れもあり快復走

ゆっくりと無理せず走ります。

坂道で筋肉に刺激を与え乳酸除去

T42分01秒

One round of Cashmerehill 23 September


P9230065

いつものようにCashmerehillまで。

天気予報が怪しく風も強めだったのでクロモリバイクで、

T37分14秒

天気が持ちそうなのでもう少し距離を伸ばそうかなと思い周回することに。

Pa100062

海の方に降りて周回です。

P9230068  

まず、ここを下ります。

距離3㎞で300mのダウンヒル。平均斜度10% 急カーブ 荒れた路面 路肩は小砂利がいっぱい。

登りはもちろん辛いが下りも辛いです。

そしてリアス式海岸のUp Down なかなか良いインターバルトレーニングになります。

海岸をはなれ7.7kmの登りで480m上がります。この区間最後の2㎞は平均10%の坂道です。

フロンド32T リア32T ギア比1.00 疲れた足には必需品になってしまいました。

T45分33秒

P9230073

Pa100067

P9230081

Dinnerはステーキを焼いてワインで至福のひととき。

New Zealand に来てから Merlot が好きになってきた。

Cashmerehill 19 September / Shining silver

P9190058

最近は黒いパーツばかりでカラーの選択の余地がなくなってしまった。

I am committed to Shining silver Chain wheel set.

峠の茶屋までT 26分48秒

Cashmerehill 17September ロードレース??

P9170054

いつものトレーニングコース脇にこんな看板

エントリーしてみようかな!

I want to participate.

P9170052

春先の気温の変化に体がついていかない。

花粉症で喉・鼻・気管にもダメージが。

T 42分

桜花乱舞  Hagley Park 16 September


P9160032
 

Cashmerehillまでいつものヒルクライム

市街地でも少し風が強かったが稜線上は更に強い風が吹き付け、

走行中は突然自転車が煽られ足元がスッーと流されてしまいます。

P9160038_1 

帰りに Hagley Park に寄り道。

やっとChristchurchにも春がきました。

P9160042 

桜花の下で宴会という姿はこちらでは殆ど見かけないようです。

NZでは公共の屋外でアルコールは禁止されています。

P9160048

P9160029 T35分08秒

Cashmerehill 9月12日 水曜日


P9120027

Cashmerehill 夕TT

T33分49秒

もしかしたら、ZUNOWクロモリバイクでの最高タイム。

しかし、下りは強烈な向かい風。

本日の記録は追い風参考タイムかな???

最近緑色のタイヤに交換してみたが、ちょっと緑が しつこい。

今度前輪だけ元に戻してみよう。

夕方ポタ 22 August

P8220088

お昼のランチタイムの仕事が終わり、そのあとFree!

いつものごとくCashmerehill

まだまだ冬の真っただ中 風が冷たい。

T36分

つかの間の雨上がり  20August

休日の月曜日、残念ながら雨。

自転車は諦めていたのですが お昼過ぎに雨が上がり路面も乾き始めてきた。

少し風が吹いていたが、自転車には影響なさそうだったのでCashmerehillまで。

しかし稜線は強風!

とくに稜線の鞍部は風が集中して飛ばされそうでした。

>

前日19日は快晴で心地良いサイクリング日和でした。

P8190081

P8190085

プラムの咲く頃 13August


P8130074

New Zealand は冬から春に変わろうとしています。

陽ざしの良い所はプラムの花が満開。

冬用ウェア―では汗ばむヒルクライム、ダウンヒルではウィンドブレーカ無しでは凍えるほど冷えます。

しかし、Kiwi(ニュージーランド人)は短パン。体感温度が全く違います。

P8130072

T36分59秒

P8130077 夜はオーストラリア産の赤ワイン/テンプラニーリョ/で乾杯!

リオハワインのオークの香りを期待したのですが、割とあっさりした飲み口でした。

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ