カテゴリ「A・走れグリーンロード・自転車」の245件の投稿 Feed

Spring is the season for Magpie Attack! 13/September

P9130018

Dyers Pass Road を5.7㎞走ると峠に出る。標高差320m

普段は30分ほどかかるのだが、最近は調子良く24~25分で登ってこれます。

約50㎞ 3時間ほどのサイクリング。 さほど頑張ることもなく2時間50分で我が家に到着。

持久力がUP しているのを感じました。

最近始めたLong Walking の効果が自転車に表れてきたようです。

体重は2㎏近く減って68.5㎏前後、体脂肪、内臓脂肪もわずかながら減少しています。

Walking だけではなく禁酒と夕方6時以降はできるだけ食べないようにもしています。

早朝高血圧のほうはまだ目立った効果は表れていないので、夕食抜きをもっと徹底していこうと思います。(辛い!)

海辺を走行中、カササギ発見!そろそろこいつらが襲ってくる季節だな?と思っていたら

背後からパチィンと一発! Magpie Attack❕

二発目、三発目を恐れたが一発だけで危険地帯を過ぎ安堵。

下の写真は昨年9月下旬に撮影したものです。

カササギの襲撃に春の訪れを感じるのは わたくしだけでしょうか?

P9290040

P9290043

懐かしい出会い

P8160063

サイクリングの途中懐かしいバイクに出逢いました。

Suzuki GT750 

ドラムブレーキ仕様なので1971年型かな?

半世紀も昔のバイクが新車のような輝きを放っています。

公安委員会で限定解除の試験を受けたときに乗ったのがこのバイクでした。

クランクでエンストして転倒。検定中止にまりました。

依然中免ですがニュージーランドでは排気量による規制はないので大型バイクも乗れます。

乗る機会は無いですがね。

P8160058

天気の良い日は調子が悪くても気持ちよいです。

好天に恵まれ少しづつ気分も上昇、後半は普段のペースまで戻ってきました。

スーパー乙女ギアでローケイデンスクライム 

P8140023

前回のブログ更新から

12,14,15,16,19,22,26日とサイクリング。距離にして350㎞程走っています。

14日は風が強そうだったので、リム高の低いアルミホイールを装着。

このリムには34Tのスプロケットが装着されているので、F30 R34 = 0.88 の最低ギア比となります。

アウターは46Tなので禁断のアウター&ローで1.35倍のギア比

普通のコンパクトギアならF34÷R25 程度のギア比なので最初の坂はアウタートレーニングしてみました。

普段は殆どやらないダンシングを短く頻繁に使って、10%前後の登り。

普段より少し速いようですが後半斜度の緩いところは足が疲れてしまってスピード上がらずでした。

いつものホイールより硬いかな?路面の粗さがいつもより伝わってきます。

そして二つ目の長いのぼり45分ぐらい延々上ります。その後半に最低ギアを使ってラブ姫を頭の中で流しながらハイケイデンスクライム!

即効酸欠!ラブ姫もいつの間にかStop!

60間近のおっちゃんはスーパー乙女ギアでローケイデンスクライム! 無理は禁物です。

もうすぐ春!

P8070117

3ヶ月以上ブログの更新を怠っていたら、季節は秋から春に変わろうとしています。

お~い!冬はどこに行ったんだ! まだスキーに行けていません。

コロナ渦で自粛モード、異国とは言え自転車で出歩いているのをUPするのも

如何なものかと思ったものでと、ブログ更新を怠った言い訳にしておこう。

コロナで仕事が出来なかった1か月間で体重増加。

4㎏ほど増えて72㎏オーバー。いざ仕事が始まると体調不良で3日ほど寝込んでしまう大失態。

医者には70㎏超えないように注意されていたのに。

最近は週4~5日は自転車に乗って3時間程のサイクリングを楽しんでいるのですが、一向に体重は減らず69.✖✖㎏をキープ。

年一回参加している12月の自転車レースまでには60㎏切りしたいのですが、ビールにそれを阻止されてしまいそうです。(100%)

まあ、無理せず健康に走って行こう。

P4240179

4月24日の黄金色に染まるエイボン川

それから3か月後

P8070112

陽当たりの良い場所ではプラムの花が咲き始めました。

P8070110_2

Christchurchの朝はまだまだ氷点下ですが日中は10度越えで暖かいです。

もうすぐ渓流釣りのシーズンも始まるので、毛鉤も巻き始めないと!

仕事も忙しいが、遊ぶことにも夢中なわたくし。還暦も近いが老け込んでなどいられません。

Nagomi Cafe (和茶屋)お弁当作り・4月22日走行記録

NZ政府は,新型コロナウイルスに関する4段階の警戒システム(COVID-19 Alert System)のレベルを,4月27日(月)23時59分をもって「レベル3」へ引き下げると発表しました。

ということで4月28日からはTake outでの店舗の営業が可能となりそうなので、

お弁当の試作をしてみました。

店をOpen してもどのくらい需要があるかは全く予想が付かないので、まずは冷凍庫の余った食材の処分から。

コストを削減することも重要ですが、今回は食品ロスを限りなく0に近づける方向で作ってみました。

メイン以外の食材をできるだけ同じもので、誰が厨房に入っても迷わず作れるようにもしました。

ブロッコリー、人参、レンコンチップ、揚げ餃子、小エビのフライ、枝豆、、出汁巻き、ライス

、これらをベースにメインを5種類入れ替えるだけです。

P4220131

ミックスフライ弁当

・エビフライ
・豚カツ
・白身魚のフライ
・鶏唐揚げ

P4220134

照り焼きチキン弁当

・皮付きの鶏もも肉 皮目がパリッと焼け甘めの照り焼きソースと絡み絶品です。

P4220138

鶏唐揚げ弁当

生姜風味の鶏唐揚げ、また食べたくなる味です。

P4220141

豚カツ弁当

柔らかくて厚みのある豚カツ、食べ応え充分です。

P4220144

チキン生姜焼き弁当

濃い目のたれで御飯がすすみます。

赤カプシカン(パプリカ)等、一緒に炒めると色味が良くなりそうですが、ロスが出そうなのと

個人的にカプシカンの苦みと匂いが苦手なので、玉葱と鶏肉だけです。

・・・・・・・・・・・・

お昼ご飯に家族でこの弁当を美味しくいただきました。

これをお金出して買ったら$90~$100ぐらいかな?

凄い贅沢な昼食でした。

・・・・・・・・・・

夕方は腹ごなしにサイクリング

P4220149

Time42分

遅い、力が入らない!

そうそう、お昼にワイン飲んでました。

パエリア早作り 4月21日 走行記録 TT

2回目のパエリア作り

下準備無しでお米を炊くところからスタート。

お米を炊き始めてから具材のカット、調理、忙しいです。
少し空いた時間に洗い物も同時進行。
食後の洗い物は少しでも減らしたいですね。
とっても美味しかったので、また作ろう。
パエリア専用鍋が欲しいです。
我が家は私以外は貝アレルギーなので貝抜きです。
New Zealandはムール貝がどこのスーパーにもあるので残念。

..............

P4210100

P4210094

lockdown中ではありますが連日のサイクリング。

適度な運動をしないと血圧が上昇してしまいます、早朝は200越えのレッドゾーン域。

運動をしてお風呂で体を温め柔軟体操。アルコール控えめで睡眠充分とれば160程。

日中は130(上)程。病的な高血圧ですがアムロジピン等に頼らず生きています。

そんなわけでポタリングが主体ですが、たまにはマジでタイムアタックもしたくなります。

峠まで36分33秒

一生懸命走ってもポタリングと5分程しか変わりません。

ここ3日間は毎日50㎞ 獲得標高1000m を走っていて脚が疲れていたと言い訳しておこう。

4月20日 生き残りをかけたお弁当作り。

P4200089

4月20日

New Zealand Government のコロナ対策

Level-4でのlockdownが延長されて4月27日までと発表されました。

それ以降もLevel-3で飲食店のOpen はまだ先のことです。

しかし、コロナの終息を待っているだけでは生活できないので出来ることをやらなければ!

Level-3でTake outはできるようなので、まずは一品。

(コロナが完全に終わってくれることを願って「終息」という字を使いました。「収束」では中途半端でまた感染拡大しそうです。)

....................

P4200076

麺つゆを使った出汁巻き、

・玉子 3個

・麺つゆ 100㏄

・砂糖 小さじ半

P4200077

コロッケ

ジャガイモとカボチャを蒸します。

P4200080

ジャガイモの皮を剝いてカボチャと一緒につぶします。下味に塩コショウ。

P4200074

蒸している間に具材の調理。

・牛肉のミンチ

・玉葱みじん切り

・グリーンピース

冷蔵庫に眠っている食材を適当に入れてみました。

P4200081

ジャガイモ・カボチャのすりつぶしと混ぜて好みの大きさに丸めます。

あとはパン粉をつけて揚げるだけ。

丸めたのを凍らせるとパン粉付けが楽ですが、今日は柔らかいままパン粉付け。

P4200084

P4200091

P4200086

あと一品足してNZ$15.00 ≒ ¥1200 程のお弁当にしたいです。

日本だとコンビニで¥800程度で買えそう、いやもっと安いかも?

New Zealandの物価、高いです。

..................

日中は50㎞のいつものサイクリング。

久し振りにパンクしました。

Cattle stop (家畜止め)を通過するときにリム打ちしてゴンゴンゴンと振動が。

タイヤを確認すると相当空気が抜けていました。まだしばらくは走れそうなので頂上までGO!

P4200073

一週間ほど前にタイヤがサイドカットしてチューブがプックリ出ていたので、ガレージの片隅に保管してあった5年以上前の古タイヤを装着していたのですが、ゴムが硬くなっていて脱着が大変でした。(Lock Down 中は自転車屋さんはClose!新しいのはしばらく買えません、Open しても金欠で買えないかも?)

Air bone のミニポンプを使っているのですが、家まで近いときは300回のポンピング。

今回はまだ距離があるので頑張って500回ポンピング。手で押してみると普段の6.5気圧より硬い!

700C25㎜のタイヤでこれだけポンピングすると7気圧程は入るでしょうか。

空気漏れが全く無いので、他の携帯ポンプより優れものだと個人的には思っています。

P4200072

4月に入ってから風の強い日がほとんど。

山頂の気温15度と比較的高めですが、太陽が雲で隠れて風が吹き付けるので、こんな時のパンク修理はどんどん体が冷えていきます。

Time 1時間53分 三日連続で貧脚のわたくし、のんびりゆっくりでした。

4月8・9日 LSD トレーニング

4月8日

黄色に染まり始めた木々を眺めながら黄葉ライド。

P4080070

New Zealandは黄色に染まる木が多く有名観光地では黄金に輝く秋が楽しめるのですが、

今年は何所にも行けそうにないので近場で良いところを写真に収めていこうと思います。

と言っても、毎年どこへも行っていませんが。

P4080074 

景色を楽しみながらゆっくり走ります。お腹が空くような走りはしません。

内臓脂肪が燃焼されるのをイメージしながら走ります。(どんなイメージや???)

走行後の結果はレベル13.5でいつもと同じ(やや多い)でした。残念。

P4080078_2

峠で自撮りバンザイ! Time1時間56分 普段より20分程遅いタイムでした。

10%を超える坂道でも F 32/R34 の乙女ギアで時速6㎞/h 55rpm前後でLSDトレーニングでした。

P4090083

4月9日

2日続けて同じコース(約55㎞ 3時間半程度)のサイクリング 獲得標高 約1100m

Pa100062

昨日よりは少し速いペースで、しかし脂肪燃焼が主体なのでけっしてもがかずです。

今日は乙女ギア全開、90rpm以上回して急坂での速度キープ。太ももがパンパンです。

区間計測タイム1時間45分

P4080068

市内は閑散としていました。

クローン三兄弟 走行記録4月3日

P4030030

4月3日 ルイガノで走ろうと走行前点検、リアの変速の調子が悪く油をさしたり微調整したり。

何をやっても調子が悪い。

ブラケットのゴムをまくり上げてみたらシフトケーブルがほつれて引っ掛かっていました。

ワイヤー交換すれば治せるのだが、コロナウィルスでLock Down 中のNew Zealand、

自転車屋さんは閉まっていてケーブルは買えません。

開いているのはスーパー、薬局、ガソリンスタンドぐらいです。

坂に入ると自転車進まネ~!重さのせいだ!と言い訳を頭の中で巡らせながらはしります。

重いのは自転車ではなく自分の体重のせいなのですが>

上に着くと人がいないので恥ずかしげもなく自撮り!

自転車持ち上げポーズ。左指が関節痛でなかなか持ち上がらない。

仕事が始まったらお寿司握れるか心配。今の私にはコロナより深刻な問題です。

P40300343

クローン3兄弟...自撮り連写でトレイン!

Time41分 遅すぎ!

カロリー消費のために走ったのですが、

ラーメン食べちゃいました。

P4030043

白湯スープに味噌を加えて作った半自家製のスープ

冷凍生めん、野菜炒め等をトッピングした特性ラーメン

New Zealandならこれで商売出来そうな味です。

P4040045

そして夜は自家製ドライカレー。

これも美味しくてお替りしてしまいました。

消費カロリー < 摂取カロリー = 体重増加

お腹周りが太くなってしまった一日でした。

野菜とサラミの塩麴パスタ & 昼ポタ 02/April/2020

P4020024_trim_moment2

4月2日のわがやのDinner

野菜とサラミの塩麴パスタに初挑戦!

割と簡単に作れて美味しかったです。

次回はもう少し唐辛子を多くして辛味を増したいです。

日本の酵母、麹菌で免疫力UP!

..........

日中は昼ポタリング。

P4020002_moment

Time37分57秒

ここから戻る予定だったのですが、もう少し走りたくてSummit Roadを更に進み

馴れない道を迷いながら市内まで、気が付いたら逆向きに走っていて家から遠ざかっている。

3時間程で50㎞ののんびりポタリングでした。

心の健康を保つため CashmerehillまでCycling!1/April/2020


CoV-2でNew Zealand
不要不急の外出は控えましょう。
という状況の中

心の健康を保つため
CashmerehillまでCycling!
Cyclist が陽気に誘われたくさんいました。

自転車整備 Lock Down のある一日 30/March/2020

Lock Down 中の雨の日

外出もできないので日頃できない自転車整備。


天気が良くなったら、少し走ってみようかな?


散歩している人はたくさんいるので、他の人と近づかないように


閉じこもってばかりでは精神衛生上良くない、少し気晴らしも必要かと?

.................

志村けんさんが亡くなったことを聞いて目がウルウル。

日本の医療技術なら必ず復帰できると信じていたのに残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます

皆さんもけっして人混みの中に紛れないように。

New Zealandでは家族以外の人とは2m以上の距離を開けるようにと指示がでています。

日本の人口の多い地域では困難なことかもしれませんが、

出来るだけ早いコロナウイルスの鎮静化を望みます。

Avon river 自転車釣行 12March 2020

P3120018

Christchurch近郊でトラウトに出逢えないかな?


市内を流れるAvon River に自転車で行きました。


#2/3のフライパックロッド

テレスコピックULのルアーロッドを

フィッシングベストに詰め込み出発!

超回復???11 February

P2110004

レースイベントで買ったウェアを着て気合いを入れます。

......................

2月1日のCycle Road Race の後、筋肉痛が酷くてしばらく自転車トレーニングはおあずけ。

職場から45分程歩いて帰ったり、自転車通勤で軽く筋肉をほぐしたりして9日ぶりにヒルクライムTTです。

若い人は数日で超回復するのでしょうが、58歳のわたくしは回復に時間がかかります。

しかもその回復には超は付かないかもしれない。

でも少しだけ超回復しているのか坂での頑張りが長続きします。

いつもよりちょっとだけハイペース!

Time33分05秒

ベスト記録ではありませんが自分なりに納得のいくTimeでした。

1月16日走行記録

Map202020  Bays Cycle Challenge 78㎞ コースマップ

近道をしてSumner に向かうつもりが道を間違え South New Brighton に来てしまった。

Sumnerは対岸、遠いな!start地点は自宅から10㎞程なのに20㎞以上走ってしまった。

P1160002

Sumner Beach から Evan's Pass を目指して走ります。

今日はタイムアタックと上半身強化だ!と、意気込み腰を上げて踏んでいきます。

しかし、意志の弱い私。すぐにサドルとお尻がくっ付いてしまいました。

それでも2枚残して頑張るぞ!(F30-R25) ケイデンス50rpm

頂上が近くなると斜度を増し最大12%ぐらいかな?

我慢できなくなりR32tギア比0.94まで落としてしまいました。

それでも無意識に大レバーを押してしまう非力なわたくし。

もうそれ以上のLowギアは付いていません。

峠まで13分33秒 前回より90秒ほど短縮。

P1160005

Lyttelton に向かう快適な道路。

踏めば軽く70㎞/hは出そうですが初めての道なので控えめの40㎞/hほどで下ります。

本番はアドレナリンが上がりすぎてスピードオーバーにならないように注意しなければ!

P1160007

P1160009 港町 Lyttelton

ここから海岸沿いに走り20㎞地点のGovernors Bayまで

Up Down が多く気付かぬうちに足が削られてしまいます。

Governors Bay から Dyers Pass

この登りの特に後半すぎは平均10% 最大15%の上り、ギア比0.94でも重いです。

P1160011 Dyers Passの上りタイム25分24秒

あとは下って自宅まで、風が強くて振られます、そして夏なのに寒い。

本日の走行距離60km

Evans Pass Road 10 January

P1100013 Evans Pass Road を豪快なスピードで降りてくるライダー!(合成写真)

P1100010

今回のレースのStart 地点となるMcCormacks Bay ReserveからEvans 峠を越えて

Lyttelton まではまだ走ったことがないので試走してきました。

Evans Pass Roadは新しく整備された道なので路面がきれいで走りやすい。

サイクリストも多く快適に下りを走っていました。

登りは5%~10%ぐらいの上りが淡々と続きます。2㎞で188m登ります。

一番軽い乙女ギアF30-R32まで使ってゆっくりと上り15分ほどで峠に到着

コースはここから下ってLytteltonを経由するのですが、下ったらまた上がらないといけないので、そのまま少し上がってSummit Road経由でCashmerehill→いつものトレーニングコースを下って我が家へ。

P1100020 Evans Pass

P1100025

P1100027

P1100031

P1100035

P1100039 Summit Roadを走りいつものゴール地点で定点撮影

髪の毛は無いので白髪の心配は無いと思っていたのですが、

髭が歳相応、いや歳以上に白くなってしまいました。

2020年 初走行 1月9日

Img_20200109_140437

最近の休日は釣り三昧で自転車から遠ざかっていますが、

2月2日に自転車ロードレースに出るので遅ればせながら調整です。

脚はフレッシュなので坂の登り始めは好調。

しかし、続きません。いきなり無理しては逆効果。軽いギアでLSDトレーニング

と、言っても30分ほどの登りなのでSlowトレーニングかな?

20分程登ったところで追い抜かれたのでペースメーカーにしてついていきました。

見知らぬ人に張り付くのも失礼かな、それに危険なので2m程は車間を取ります。

それに相手は女性。こちらの人は手足が長いので非力に見えても何気に速いです。

頑張ってついていきたかったけど呼吸困難になり意識が飛ぶ前にマイペース。

峠でUターンしてきた彼女に軽く手を振ってお礼の挨拶・

Time37分44秒

走行記録 13 November

Pb140229

釣りシーズンが始まり自転車に乗る日数が減ってしまった。

12日ぶりにいつものコースを走ったら急坂が激坂に感じられる。

夏なのに冷たい風が吹き付け寒い。モンベルのウィンドシェルが身を守ってくれます。

Uターンして最後の上り追い風に変わりスピードUP

Time40分 

Pb140233

Newタイヤで快走!11月1日

Pb020215  

11月3日に開催予定のサイクルロードレースが2月2日に変更になってしまった。

タイヤ新品、体調も万全だったのに残念。

あと3ヶ月間もシビアな体調管理をしなければ!(実際は気楽な体調管理です)

前年のレースでは横風に煽られたので、今回は低めのリムハイト

前38㎜ 後50㎜ を選択

タイヤは同じものが揃わず、

前輪はコンチネンタル5000 23c

後輪はコンチネンタル4000 25c

本当は両輪とも25cにしたいのですが、前輪はクリアランスが充分ではないので23cにしています。

前輪だけでもコンチネンタル5000にしたためか走りが軽い???私のレベルでは変化はかんじられません。

ただ単に、調子が良いのと風向きのせいだと思いますが?

Time 32分39秒 好記録。

Pb020213

スポーク切れ 28/October

Pa280211

天気良好・調子良好でCashmerehillのCaffe shopまで27分18秒の好タイム

そのまま続けて50㎞コースのタイムアタック。

Pa280207

いったん海まで下りて海岸沿いのUp Down をハイペースで走り抜け

また登り。峠から細い尾根道に入るとところどころにCattle Stopがあります。

(柵から逃げた家畜をそこから先に行けないようにするTrap)

普段なら徐行か歩いて通過するのですが、力いっぱい踏みながら通ったら

”パキィ”と大きい音。

石でもはじいたか?そのまま走っているとビンビンビンとへんな共鳴音。

フレーム?ハンドル回り?etc???

アッ! 前輪スポークが一本緩んでいる? スポーク切れか?

よく見るとニップルが破損していました。

Pa280208

幸いにも振れは少ないので走行可能。残り20㎞程控えめの速度で自宅まで走り切れそうである。

途中何度か振れをチェック、少しづつ振れが大きくなってくるのがわかります。

無事帰宅、そしてすぐに予備のスポークとニップルに交換。

改めて教訓、ロードレーサーに段差や大きなギャップは禁物ですな!

竹田川Flyfishing
青大将の食事
スカイダイビング
aboca home
たけくらべ
スイレン開花
フォトアルバム

amazon

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ