本日トラウトフィッシング解禁 10月1日


New Zealandは10月1日から一部の河川・湖でトラウトフィッシングが解禁になりました。

しかし、解禁直後の河川は水量が多く遡行困難。雪代が入り魚の活性が低く釣果は望めそうに無いので、通年オープンの湖に行ってきました。

昨日はとても寒い日でしたが今日は気温が上がりそうな予報だったので期待していったのですが、
いざ湖に到着すると風が強く寒い。

太陽は出ているのですが波で水が撹拌されて冷たいまま。
波が穏やかなら日当たりの良い浅瀬は温まるのですが、ウエイダー越しでもその冷たさが伝わってきます。

前回、浅瀬を回遊していた魚の姿は皆無! 今日も坊主か!

新しいロッド、 10,4ft#3 ユーロニンフ用でドライフライの遠投を試してみたかったので、

#3 WFのフライライン
10ft#4のリーダー
#4のティペット1mほど
#14のパラシュートフライ
こんなシステムでキャスティングしてみました。

強い横風で少し向かい風、風を背にしてロッドを振ります。

風で陸までフライが押し戻されるかと思いましたが、意外と沖の方までフライが飛んでくれました。

魚を釣ることより自分一人の遠投競技会になってしまいました。

ふと、周りを見渡すと波の立っていない水面を発見!

陽当たりもよく暖かそう。もしかして釣れるかも。

行ってみると道路わきからいきなり深場。

ニンフとウエットをトレーラーシステムそしてマーカーを2個つけて湖底を探ります。

こんな仕掛けでもとても振りやすい。今シーズン楽しみ。

等と思っていたら、フライを沈めたあたりに黒い影。

おっ!さかなが近づいてきている。

素通りかな?????????

あっ!止まった!

マーカーの動きを見るが変化なし。

魚がU字に丸まった瞬間、ほとんど無意識に右手が上がる。

重い!ズンズングー!ヒット!

しかし、ランディングできる場所がない。

50mほど移動しなければ。できるだけ弱らせないように引っ張っていたら、どこから現れたかもう一匹。かかった魚にまとわりついてきました。もしかしたら夫婦かな?

私がネットを出したすぐ近くまでまとわりついてきました。
一緒にネットに入りそうなぐらい近くまで来たのにはビックリ。

P1050026

パパっとデジタルキープしてリリース サイズは45センチぐらいかな?

反対側の鰓のところには大きな傷がありました、

P1050032

ニューヘルメット

P1050015

通販で買ったヘルメットが一か月以上たって先日28日に到着、

$65で送料無料だったので、ついついポチってしまいましたが
実際には$99.86 日本円で¥7700ほどの支払いでした。

軽くて私の小さい頭にピッタリ!
私は大人用の小さいサイズを選んでも大きめにあたるので、ベルトの調整をしてもぶかついた感のあったのが、全く感じられずとても良い感じです。

New Zealandの日差しはとても強いので、私には必需品。二種類のシールドを買ったけど日本人にはもう少し明るい方が良いかな⁉

P1050019

安全のためにサイズ調整部分にライトが付いています。
しかし、この作りがあまりにもよろしくない。
いかにも某国性といった感じ。
赤いレンズの部分が走行中に落っこちそうなので、セロテープで補強しました。

...............................

9月29日 夕方走ろうとしたら風が強くなってきたのでクロモリバイクで
Victoria Parkまで24分25秒 危険なほどかぜが強くなかったのでそのまま稜線まで
Summit roadまで44分06秒

P1050017

稜線は強風! 展望台は開けた場所なので烈風に近いような風が吹いていました。

P1050023

9月30日
気温は低いが風がなく走りやすい。
しかし、筋肉が動かない⁉ 全く力が入らない。

体調はすこぶる良いはずなのに、運動機能が全くついてきません。

年に何度かこんな体調の時があります。

高血圧の薬を飲んでいるときに、こうなることがよくあります。

体全体の筋肉に充分な血液が行き届かないような感覚。

一度走行中に血圧を測ったことがあるのですが、自分の予想に反して低いのです。

上が120以下だったと記憶しています。

運動時には薬が効きすぎて低血圧?????

同じような経験ある人いませんか。

Victoria Parkまで29分

Nymph Fly Rod

P1050012

私のFlyfishingの志向とは離れているのですが、ユーロニンフ用のロッド&リール、ラインのセットを購入しました。

Primal ZONE Euro Nymph Fly Rod 10’6ft#3 $499

FLYLAB FOCUS #0-5 REEL                $292

これにバッキングラインとフライライン(軽量のレベルライン)

これらがセットで$799  日本円で ¥62000程

あとリーダー、ティペット、フック等合わせて$835の衝動買い。

金欠なのに天気が悪いと散財してしまうわたくしです。

.................................

まずはフライラインをWF#3に交換してLakeで試す予定です。

細いラインでできるだけ静かにドライフライを着水させて魚たちの反応を見てみたいです。

ユーロニンフの釣り方はよくわからないのですが、YouTubeを見た感じでは脈釣りに近いのかな?

私の渓流釣りのスタートはミミズやイクラを使った脈釣りだったので、挑戦しやすそうな気がします。

これからNew Zealandは河川でのトラウトフィッシングが解禁になるので楽しみです。

2021.09.20 シーズン初釣行

 
New Zealand 渓流解禁間近
通年釣りOK の湖に行ってきました。
まだ寒いので魚の影など見えないかも?と思っていましたが、
50㎝クラスの鱒が多数浅瀬を回遊しているのが見えました、
ドライフライに対する反応はとても渋く殆ど無視。
ラインを切られたもののBigヒットが一回。
ファイトを楽しめただけでも来たかいがありました。

さくらが咲きました 15.09.2021

Img_20210915_130917

Img_20210915_131306

Hagley Park

さくら満開!
Christchurchに春がやってきました!

でも、人出はいまいち。
コロナの影響? まだ寒いから? 

花は綺麗ですが寒いので 花よりLUNCHとなりました。

Img_20210915_141733

Sign of the Takahe

Img_20210915_145425_540

Img_20210915_141449

Cashmere Hill にあるおしゃれなレストランでランチ。

鎧もマスクしています、

Img_20210915_135328

Img_20210915_135141

Img_20210915_135927

Img_20210915_135706

この後Victoria Parkまでサイクリング

P1040874

競争するわけではないのですが後ろから自転車が追い付いてきたりすると負けるものかとスピードを上げてしまいます、

明らかにスピード差があれば頑張ろうなんて言う気にはならないのだが、微妙に相手が速いとスイッチが入ってしまうのは私だけでしょうか?

おとなしく持続可能性エネルギーで走っていればよいものを、持続性不可能エネルギーに切り替えてしまうものだから、10秒も持たない😢

あっという間に追いつかれ、差がつけられ追いかける気力もそがれてしまいました。

それでもギリギリの持続可能性エネルギーでかなりの距離をはしったので

上りタイム23分03秒と大幅にタイムを縮めることができました。

若い体ではないから無酸素運動はほどほどにした方が自分にはよさそうです。

竹田川Flyfishing
青大将の食事
スカイダイビング
aboca home
たけくらべ
スイレン開花
フォトアルバム

amazon

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ