« 古城グリーンロードレース | メイン | 白馬岳 »

たけくらべファミリーハイキング

8月8日丈競山に家族でハイキング 2週間後に白馬岳登山を控えての予備登山

自宅玄関前より見える丈競山。南丈競山の頂上にある山小屋が肉眼でも見えます。

この、山小屋に向かってパパ、ママ、マコ(6歳)、ジュン(3歳)の4人でハイキングです。

8:00  自宅出発

9:00  じょんころ広場奥の登山口・・・・・朝から暑い!ジュンは体重13キロパパの背中の背負子の中です。いきなり汗だく、服はビッショリ。今日はスーパーダイエット!

9:40  カモシカ岩・・・・・去年はブッシュが多くマコの肩ぐらいまで雑草が生い茂っていたが今年は下草刈りをした後で大変歩きやすいです。しかし急斜面をトラバースする様な登山道なので、子供が下に落っこちないかとかなり神経を使います。

10:17  夫婦岩・・・・・樹林帯の中、陽射しが和らぎ時々吹く風が  とても心地よい。      セミやトンボ、バッタを捕りながらなので  なかなか前に進まない。  オイラもクワガタ探しで歩きながらキョロキョロ。ミヤマクワガタ♀3匹、コクワガタ♂1匹Get!

10:45  大岩広場・・・・・この辺りから稜線歩きとなり陽射しが強く、風が無いととっても暑いです。途中の景色は大変よく日本海まで見渡せます。      たけくらべが間近に迫ってくるが稜線上に見える登山道はかなりの急登、しかもその登りにさしかかると熊笹の中の藪コギとなり身長120cmの長男には少し大変そうである。

12:45  北丈競山・・・・・子供たちを騙し騙しなんとかここまでやってきた。  南丈競山へは一度下ってまた急登である。時間が無いので少し速めに歩いて家族をリード

13:30  南丈競山・・・・・登頂!   山頂からの展望はとっても良い!   我家を探すが分からない。家からこの小屋は見えるけど逆はやっぱ無理ですね。

昼食はラーメンとおにぎり。  ハイキングでは携帯コンロを使って何か食べ物を作ることがオイラの決め事となっていてバーナーの炎と沸いてくるお湯を見ているとなぜか落ち着くのである。

15:00  下山開始・・・・・夕方七時には下に着きたいが子供の足がかなり遅いのでちょっと心配。   急な下りでは恐がるので登るより時間がかかってしまう。途中、長男は今にも泣き出しそうになり何度も転びながらも無事に下山。   オイラも最後の方は膝が笑ってました。

18:40  じょんころ広場到着・・・・・純ちゃんも一緒に歩いて駐車場まで。しかし、ここでママの左手を争そって大喧嘩。どちらか右手をつないでくれれば喧嘩にならないのに。眠くなると訳分からん状態になる子供たち。

たけくらべは往復五時間ほどのコースタイム。オイラ一人なら三時間半ほどで往復できますが、子供連れだとずいぶん時間かかります。白馬岳へのの登りが五時間なので今回のハイキングは丁度いい目安になりそうです。

紅葉シーズンの丈競山はとっても綺麗なので紅葉狩りハイキングもしたいです。Photo

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/229655/10108845

たけくらべファミリーハイキングを参照しているブログ:

コメント

丈競山、涼しくなってきてから登ってみたいと思ってました。登山道の様子とか見られて良かったです。山小屋も綺麗なんですねぇ。 ますます登ってみたくなりましたよぉ。

真夏の低山ハイキング。特に今年は暑いので子供や妻には酷だったようです。
紅葉の丈競山とっても綺麗なのでFUDOUさんも登ったら写真UPして下さい。
忙しいお盆が終わったら白馬岳に行く予定です。

お子さんを背負って登られたんですかー!
さすが普段から鍛えておられるおかげですね。
長男君は全部歩けたんですか?
すごいなー、いいですねー、家族でハイキング。
私はこれだけの登山は自信ないけど、いつか
家族で(もっと平地の・笑)ハイキングしたいです!

いつも思いますが、お子さん背負って登るの怖くないですか?
前かがみになり過ぎると、前から落ちそうだし。。。
本当にスーパーマンですねぇ(^-^)
ついていく家族も素晴らしい♪
鳥の声とか、景色とか楽しませてもらいました(*^^)v

今日は白馬に来ています。
明日は白馬岳に登る予定です。
たけくらべを登りきった長男、今回は小さなザックを担ぎます。無事登頂できますように。

コメントを投稿

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ