« とれちゃいました | メイン | 21世紀美術館 »

幼虫がウジャウジャ

Img_0434

こんなに寒くなってからでは遅いのですが、
カブトムシ幼虫の糞取りとマットの入れ替えをしました。



夏の写真より

巨大ゲージの腐葉土の中にも幼虫がいるのですが、
その糞の量は一輪車に山盛り一杯ありました。
しかし、確認できた幼虫は2頭だけでした。
糞の量から推測して100頭近く いそうな感じですが、
最近死んでしまったような幼虫も1匹いたので、心配です。
それにモグラなどの天敵が入ってきたら全滅してしまうかも?

Img_0432

今年は去年の土のまま、放置状態での飼育だったのですが、
衣装ケースの中には43頭の幼虫がいました。
奇遇にも衣装ケース二つとも43頭で同じでした。

ほかにもゲージがあるのですが、こちらは暖かい時に
マットの半分ぐらいを入れ替えたので大きい幼虫が目立ちました。

衣装ケースに43頭は過密気味だと思うので、
分けなければと思うのですが、マットの費用もバカにならない。

実は今回補充したマットは園芸用の腐葉土を補充しました。
園芸用には殺菌剤等が含まれていることもあり、
これで、死んでしまうこともあるそうです。

この日に確認できた幼虫は全部で143頭。
夏にはたくさんのカブトムシが出てくることを祈ります!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/229655/17488298

幼虫がウジャウジャを参照しているブログ:

コメント

お忙しいそうなのに いろんなとをしてるんですね。
凄い幼虫の数です。 このまま山にかえすとどれくらい成虫になるんですかね。 

オレンジモグラさん 丸岡ロードの練習の記事をみつけて 最近数回走ってます。
タイムとか測ってるんですが面白いですね  変化があってほんちいいコースですよね  

こえださん。こんにちわ
山に放しても殆ど死んでしまうと思います。
カブトムシは手入れの行き届いた里山で、繁殖するみたいですね。
たとえば、椎茸のほだ木捨て場や、ゴルフ場の刈り取った芝を集めたような場所に沢山いるようです。
杉の植林された山では、成虫の餌はもちろん幼虫の餌も無いので全滅かと思います。
国産のカブトムシを放虫しても問題は無いと思うのですが、地域の特性が失われてしまう可能性もあるので、遠方で採集した場合は放虫しないほうが 賢明かとおもいます。

自転車。事故には気をつけてね!
12月に入って忙しすぎて一度も走ってません。
それに、天気も悪いので通勤も車がほとんどです。
というわけで、体脂肪が20→27%になってしまいました。
体重は減ったんですがね。
超運動不足。
これから、本格的なスキーシーズンなのに全くトレーニングできてません。
柔軟体操だけでもしようと思ったが三日坊主。
前屈90度の硬い体のままです。

凄い。
一見ホワイトチョコかと思いました。happy01
カブトムシの幼虫ですね。

多趣味だ。凄い!

Yoshiさんへ
アマゾンの原住民はカブトの幼虫を食べるそうです。
現在200頭ぐらいいるようです。

最初は全く飼うつもり無かったのですが、カブト虫が死んだ後のゲージの中に幼虫がいたのでチョッと飼育してみたら2年目の現在は200近い幼虫がいます。

何か始めたら、のめり込んじゃうので趣味がだんだん増えてしまいました。

コメントを投稿

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

フライフィッシング

  • タイイングツールのセット
  • ミッジサイズを撒くのに使ってます。
  • クラウンロータリーバイス ( このバイスを使っています。24番フックまで難なく巻くことができました。 )
  • ティペット / 水面直下のステージを攻略
  • ティペット / ドライフライの釣りに
  • リーダー / 巻き癖が取れ易い

ようこそOrange-Cafeへ

落語絵本・川端誠

お気に入りCD

Fly Fishing

  • FlyRodders

更新ブログ