« 太陽系をつくる ( 2 ) | メイン | 太陽系をつくる ( 4 ) »

太陽系をつくる ( 3 )

Img_0901

金色に輝く太陽が支柱の上に乗っかりました。

直径4.5cmの太陽でスケールモデルをつくったら
冥王星までの距離はなんと191mで
これを回転させたら直径約400mという巨大なモデルになってしまいます。

では1兆分の1のスケールモデルにしてみたら

Scan10002

これでも直径12メートルの円起動となってしまいます。
しかし、太陽や惑星はとっても小さく
太陽の大きさでも1.4ミリで
惑星は、木星でもシャーペンの芯の太さの半分もないです。

宇宙はデカイ!!

いろんな星の大きさをビデオで見よう   ←  クリックしてね

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.mitelog.jp/t/trackback/229655/18574876

太陽系をつくる ( 3 )を参照しているブログ:

コメント

興味深い換算をされましたね。
こうやって数値となってくると、太陽系に興味関心を持てますね。

例えば、芝政とかで実際にやってみるとおもしろいかも?
こういう体験をさせるのが一番の勉強なんだけどなぁ・・・。

FUDOUさんへ
子供に これが太陽系のモデルだと教えたら勘違いしそうなので、
正確な縮図を教えておきたいと思いました。

太陽の直径を1mとしたら地球まで107m
冥王星まで4km
歩いて一時間かかちゃいますね。happy01

コメントを投稿

amazon

フォトアルバム

最近のトラックバック

ようこそOrange-Cafeへ

お気に入りCD

更新ブログ